-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-30 09:48 | カテゴリ:Health・健康
いよいよ梅雨入りしました。

この時期は、気圧の変化の激しい時期。大人だと、気分がのらないとか偏頭痛になったりと、不快感を覚える方も多いと思います。ただ憂鬱になったりとかも気圧が急に下がった時、体が感じている変化なんです。

子供たちはもっと影響を受けるんですよね。

繊細な子供たちは、この気圧の変化の大きい時期が始まると、急にゴネたりグズったり、揺り戻し(赤ちゃん返り)してみたり。それは小さな体で感じている不快感を、ママやパパに素直に表現しているんです。
だから乳幼児だと起床に時間がかかったり、不機嫌だったりして、出社前のママは朝から疲辟してしまうこともしばしば。。。

実は、その状況を改善できる魔法の栄養素があるんです。

それは…

ビタミンD

カナダだは小児科医が新生児からサプリでのビタミンDの摂取を勧めています。それは骨の形成時期に潜む「くる病」やディフェクトリスクを軽減するため。でも効用はそれだけじゃなくて、精神安定も図れるんです。

例えば大人のうつ病。
抗うつ剤などの薬を頼る前に、実はビタミンDを処方してくれるちゃんとした医者もいます。(抗うつ剤には多種多様の副作用があるので、それを使う前にということですね…。そんなの無いと言う、患者を騙すような医者は多いですが…)

次の例え、バンクーバーでは冬に自殺者が増えます。
雨のロンドンの様に、毎日まいにち、シトシトと晴れ間なく数か月降り続くからです。理由はビタミンD欠乏による抑うつ状態に陥ってしまうため。なぜなら…

ビタミンDは太陽の陽を浴びて生成される栄養素だからです。

それを防ぐためのサプリとして、薬局やスーパーでは普通に売られています。
ただ日本は医師の処方がないと入手できないんですよね。それは液状で保存するのは手間がかかるから等々…。(個人的には利益重視の製薬会社と医師の結託だと思いますが)

では我が子を機嫌の良い健康骨太にするにはどうするか?!

太陽で乾燥された「乾物」を摂る!!です。

一例をあげると・・・
・干し柿
・しらす干し(半乾燥)
・かわはぎ
・きくらげ
などなど・・・

実はキクラゲは魔法の食品。
他の食材とは比べ物にならないくらいビタミンDを含んでいます。
騙されたと思って試してください。

そして乳幼児の虫歯、ある歯科医によれば、乳幼児の虫歯の原因の多くは以外にもビタミンD不足により、歯茎(歯根)の成長が満足でないからとも言われています。
かわはぎなどはよく噛み噛みするから、アゴの成長にも助けになるので、オヤツで与えれば一石二鳥です。実際、私たち兄弟は虫歯知らずでこの歳まで生きてきました。
(ヘンな話、歯磨きしなくても虫歯にならないくらい、ほんと)

話はそれてしまいましたが、つてがある方は、カナダからD-Dropsを送ってもらうとよいと思います♪

D-drops.jpg

ママ・パパの皆様、梅雨を楽しく乗り切りましょうね~♪
秘密

トラックバックURL
→http://mikanchanblog.blog59.fc2.com/tb.php/91-60a3e9db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。